性病検査費用と薬代

どのような病気であっても検査費用や薬代はかかってきてしまうものです。
病気の種類によって検査費用や薬代が高いのか安いのかは変わってきます。
それでは性病の検査をする際に必要となってくる費用はどれ位なのでしょうか。
また万が一性病になってしまっていたと判明した場合、治療をする為に必要な薬代はいくら位になってくるのでしょうか。

まず性病と一口に言っても実に様々な種類の病気があることを知っておく必要があります。
例えば多くの人達が一度は耳にしたことがあるクラミジアの場合は全額自己負担の場合であっても数千円の検査代で済み、診察料金を含めて考えた場合でも10000円はかからないことがほとんどです。
何故ならばクラミジアというのは性病の中でも比較的軽い部類の病気であり、それゆえ検査費用や診察費用なども安くなるというわけなのです。
よって当然のことながらクラミジアを治療する為の薬代も安くなるということであり、大体3000円程度で済むことが多いのです。
このように診察から薬を貰うまで全てを含めてもそれほど大きな金額にはならないので、自分が少しでも身体に異変を感じたのならばすぐに病院に行って適切な治療を受けることが大切だと言えるのです。

それでは反対に性病の中でも重い病気に分類されるエイズ等の場合はどうでしょう。
エイズの場合は重い性病ですが、自治体によっては無料の検査を実施している場合もありますので、無料の検査を利用する場合は当然のことながらお金がかかりません。
しかし問題は薬代です。万が一エイズになってしまっていた場合、治療として毎月薬を服用する必要がありますが、その薬代として毎月何万円から何十万円とかかってきてしまうこともあります。
しかしもちろん各種の支援制度もありますので、それらの支援制度を上手に利用して少しでも自己負担額を減らして治療を続けていくことは可能です。

ページトップへ